./

椎間板ヘルニア

手術しないと治らない?
いえ、ヘルニアの症状は改善できます

椎間板ヘルニアはなぜ起こる?

椎間板ヘルニアの原因

椎間板ヘルニアは、椎間板のゼリー状の髄核が髄核を覆っている繊維輪の損傷により、背外側へ向かい脊柱間の中へ押し出される時に起こります。
種類としては頸椎ヘルニア胸部ヘルニア腰部ヘルニアがあり、
・第3と第4腰椎の間、第4と第5腰椎の間。
・第5と第6頸椎の間、第6と第7の頸椎の間。
によく起こります。
ちなみに胸椎の間でもまれに起こることがあります。理由として腰椎や胸椎に比べ、可動範囲が狭いことがあげられます。

ヘルニアは骨盤の歪みや背骨の歪みによって神経が圧迫され、非常に痛いものです。手術でないと取れないものですが、施術によって手術しなくても症状を改善することができます。
日常において、デスクワークや立ち仕事の多い方などは、いつの間にか姿勢が悪くなり背骨や骨盤が歪み、ヘルニアになりやすい体質になっているといえます。

心配だと思わた方は、迷わず当院にご相談下さい。

椎間板ヘルニアの症状と検査方法

 

症状としては頸椎レベルでは四肢不全麻痺胸椎レベルでは両下肢麻痺腰椎レベルでは馬尾神経麻痺(腰痛症・坐骨神経痛)などの症状が出てきます。

検査としては整形外科では、MRI(生態の解剖構造の抽出のみならず多くの組織あるいは臓器の機能診断も可能となりました)、X線検査(椎間板は写らないが、脊椎の変化を見るのに有用です)、CT検査、徒手検査を行います。

椎間板ヘルニアの治療法は、手技、電機治療、鍼や灸です

他の痛みなどとは違って、神経が原因で起こっているものなので、気長に治療していくしかありません。時間はかかりますが、ほとんどの方が改善されております。

椎間板ヘルニアの治療法 手技椎間板ヘルニアの治療法 電機治療

椎間板ヘルニアの施術が受けられる院はこちらです

ご相談は、0800-200-8115まで(フリーダイヤル、携帯からもOK)

ついてるケア facebook

TOPへ戻る
  • ./
  • ./
  • ./
./