./

膝痛

片側の膝だけ痛い・・・あなたの膝痛の原因は身体バランスかも!?

 

つらい膝の痛みもう悩まないでください

膝の痛みを抱えている方は、毎日歩くのが辛くなり外出を控える傾向になります。すると動く機会が減ってしまい、かえって膝の痛みの悪化を招いてしまいます。

「年だからしょうがない・・・」と諦めている方もいらっしゃるでしょうが、片方の膝だけが痛い!という方の場合、年齢や過体重が痛みの原因ではありません!
身体バランスの乱れが原因です!

片方だけ膝が痛いという方、是非ついてるケアグループにご相談ください。
あなたのその膝の痛み、改善できますよ。

膝痛が起きる原因

膝痛は加齢が原因だとは限りません!

膝の痛みの原因は、大きく分けると3つあります。

1つは過体重によるもの。
2つめはスポーツ外傷によるもの。
3つめは身体のバランスが悪いことによるものです。

体の歪みチェック!

  • 何かスポーツに一生懸命取り組んでいる
  • 足をよく組んでいる
  • 階段を昇り降りする際、手すりをよく使う
  • 横向きで眠ることが多く、向きがいつも同じ
  • いつも決まった方の肩や手にだけ荷物を持っている

どれか1つでも当てはまって、片方の膝だけが痛いという方は骨格が歪んでいて、それが膝痛の原因かもしれません。

スポーツをしていると身体のバランスが崩れやすい!?

「スポーツをすることは健康的で、どうしてその人の膝の痛みの原因が骨格の歪みなの?」

と思われる方も多いと思いますが、実はスポーツってバランスのとれた動きをするものは一つもないのです。サッカーにしても野球にしても、必ずきき手きき足があり、左右同じように体を使いません

ですから、一生懸命スポーツに取り組まれている人ほど、身体バランスが悪くなる傾向があり、ケガもないのに痛みを生じやすいのです。

変形性膝関節症について

膝

変形性膝関節症は、膝の軟骨がすり減りさらに骨までが変形し、ひどくなると骨同士がぶつかり合って、膝の曲げ伸ばし、歩くのにも、支障がでる疾患で、変形が進んで行くと手術特に人工関節になることが多いです。

 

変形性膝関節症は加齢老化による変形とよく言われますが、片方の膝がひどくなる場合が多く、なおかつ女性に多いのを考えると、加齢老化だけが原因とは考えにくいです。

また変形性膝関節症の方は、よく見ていくと、片方だけ外反母趾がひどくなっていたり、手の指の変形のヘバーデン結節やブシャール結節があることが多くあります。このことからわかることは、変形性膝関節症になる方は、関節が柔らかく、身体の重心に傾きがある方がなりやすいということがわかります。

 

なので治療法としては、まず身体の重心を検査し、重心の傾きを引き起こしている原因が骨盤なのか?背骨なのか?姿勢なのか?外反母趾や扁平足なのか?を調べて原因を特定して、骨盤矯正や背骨調整、姿勢改善、足のアライメント修正などを行うことで、変形性膝関節症である膝の負担を軽減して、バランスよく身体を使えるようになり、手術や、人工関節に頼らなくても、変形性膝関節症のほとんどが良くなります。

もちろん変形が進んでない膝の方が早く良くなりますが、変形が進んで、歩いたり階段の上り降りだけでも大変な方でも、時間はかかりますが、みなさんよくなっています。

お気軽についてるケアの整骨院や鍼灸院に相談してくださいね。

 

ついてるケアの膝痛施術

施術

ついてるケアでは、初検時に詳しい検査を行って、痛みの原因を探していきます。

片側のみの痛みであれば、使い方の偏りや、クセなどがあると考えられます。ジョイントプレイテクニックで足先から手先までの関節、骨盤、背骨など、全身の関節の動きをソフトに調整していき、筋力や使い方のアンバランスを調整していきます。

膝の痛みといっても、原因が膝だけにあるとは限りません。

膝関節には、歩く時で体重の3倍、階段では7倍の負荷がかかるといわれています。なので、急な体重の増加も膝にとっては一大事になるので、体重管理も大切でしょう。

また、近年では、糖質の過剰摂取により関節部の軟骨や椎間板を糖化させて水分を奪い、軟骨の損傷や障害に結びつき、炎症を起こし、痛みを発生させると言われています。

ジョイントプレイテクニックでは、適切な糖質制限の指導も行っています。その場しのぎではなく、根本的な改善をついてるケアでは提案いたします。

併せて、鍼灸施術では、痛みがどの筋肉や靭帯によって引き起こされているかを判別し、その原因になっているポイントを施術していきます。

根本的な施術と、局所的な施術を同時に行うことで、早期改善と再発予防が可能になります。

※膝痛の場合、健康保険適用外のため健康保険は使えません。(スポーツ外傷や捻挫、打ち身は適用可)

 

膝痛 施術風景

岡山市・倉敷市のついてるケアグループの整骨院の膝痛施術は、ジョイントプレイテクニックで足先から手先までの関節、骨盤、背骨など、全身の関節の動きをソフトに調整していき、左右の膝の筋力や使い方のバランスを調整していきます。根本的な施術と局所的な施術で、痛みの早期改善と再発を予防します。




ご相談は、0800-200-8115まで(フリーダイヤル、携帯からもOK)


膝の痛みの症状について

ついてるケア各院の院長が膝痛の症状について、動画で説明致します。

岡山市中区高屋 膝痛
ありがとう整骨院

倉敷市黒崎 膝痛
絶好調整骨院

岡山市北区大供 膝痛
たのしい整骨院

岡山市北区今村 膝痛
ついてる整骨院

準備中

広島市安佐北区三入 膝痛
ひろしま整骨院

大阪市都島区東野田 膝痛
優包手整体 愛の花

岡山市中区高屋 膝痛
感謝してます鍼灸院

岡山市中区高屋 膝痛
ABC personal bodymake studio

岡山市北区丸の内 膝痛
愛がある整骨院

膝痛 施術例

岡山市北区 80代女性 Iさん

Iさんは膝の痛みの為ご自宅の階段の昇り降りが辛く、階段の途中で休憩することもありました。

以前から病院へ通っており痛みをある程度抑えることはできていましたが、足の動き(可動範囲)の改善はみられず、歩き辛い日々が続いていました。

しかしとうとうある日、家の玄関の段差でつまづき、大怪我につながる一歩手前でご家族に支えられるということがあり、それ以降「2階へは1人で行かないように!」とご家族から念を押され、気落ちしていました。
そんなIさんを見かねたお孫さんからついてる整骨院のことを聞き、膝をみてもらいたいと来られました。

Iさんは骨格に歪みがあり、左側に大きな負担がかかっている状態でした。めぐろ式STC調整法により骨格の歪みを整え、負担のかかっている左側の筋肉を重点的に手技でほぐしていく施術を数ヶ月行いました。

以前より足が上がるようになり、階段の途中で休憩するようなことはなくなりました。
「もう少し足が上がれば、1人で2階へ行ってもいいよ。と言ってもらえそう・・・・」と、膝への施術だけでなく、筋力トレーニングやストレッチをご自分で毎日一生懸命されています。

「免責事項」お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません

岡山市北区 20代男性 Dさん

Dさんは大学でサッカーをされており、ある日の試合中に転倒し、左足を骨折してしまいました。

それから数ヶ月経ち骨が元に戻りギプスを取りましたが、左足をかばう癖がついてしまい、右膝に痛みを感じるようになりました。

右側にばかり負担をかけており、骨格や筋肉が歪んでいましたので、めぐろ式STC調整法により身体バランスを改善させていきました。
また、正しい筋肉の使い方を体に覚えこませるため、体の正しい動きを指導しました。

今ではケガ前よりも動きが良くなったと喜ばれています。

「免責事項」お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません

膝痛の施術が受けられる院はこちらです

ご相談は、0800-200-8115まで(フリーダイヤル、携帯からもOK)

ついてるケア facebook

TOPへ戻る
  • ./
  • ./
  • ./
./