./

挫傷・肉離れ・捻挫・突き指

日常生活でも起こるんです
早い治療で根本的な改善を!

挫傷・肉離れ・捻挫・突き指はなぜ起こる?

捻挫、挫傷、肉離れ、突き指の原因

挫傷とは、相手との接触の多いスポーツなどで、接触や蹴られたりし た際、何かにぶつけたりした際に筋肉の損傷が起こり、腫 れや内出血が起こるものです。

肉離れとは、急な動作や全速で走ったりした際、筋肉が強く収縮されるために筋繊維の一部に損傷が生じたものです。

捻挫とは、関節を不自然な形で捻ることによって、靱帯、 腱、軟骨などが傷つき損傷することです。

  • Ⅰ度…痛みも腫れも軽く、靱帯が伸びている程度。
  • Ⅱ度…靱帯の一部が切れている状態。
  • Ⅲ度…靱帯が完全に断裂していて、関節が不安定な状態。

突き指とは、指先に強く物が当たるなどして腱や関節、骨などを痛め たもの。主に球技スポーツなどで多く起こる手足の指の捻挫。なかには、骨折や脱臼を伴うものもあるため、 外見や症状だけで判断できないものもあります。

挫傷・肉離れ・捻挫・突き指が改善しない理由(一般的な間違いや、一般的な治療で改善しない理由)

捻挫、挫傷、肉離れ、突き指が改善しない理由

挫傷や肉離れでは、患部の状態によって、冷やせばいいのか温めればいいのか、ストレッチや揉んだりして患部に刺激をいれてもいいのか安静にするべきかの判断をみきわめないといけません。

捻挫は、症状が軽微であると、腫脹や炎症が起きていることに気付かず、患部を冷やさなければいけないのに温める方や、固定が必要な症状を放っておいてなかなか改善しない方が多いです。

そして、突き指は引っ張れば治ると言われますが、骨折などがある場合もあるため、安易に引っ張って症状が悪化することもあります。

どの症状においても、自己判断せずに早期受診をおすすめします。

挫傷、肉離れの治療法

急性期・・・患部のアイシング、包帯などによる圧迫固定

亜急性期・・・ストレッチや手技療法などをすこしずつ行い、患部やその周りの筋肉を緩め、
必要に応じて、テーピングや電気治療を行います。

挫傷、肉離れ治療

捻挫の治療法

急性期には患部のアイシング、炎症と痛みを抑制する効果のある微弱電流による治療、症状により、必要であれば患部の固定や、鍼灸による施術を行います。
また、急性症状が治まれば温熱療法や手技療法などにより、患部の血液循環を促進し、
痛みや腫れを和らげていきます。

捻挫治療

早期に炎症を抑制し、患部周辺の筋肉を緩め、患部への負担を軽減させることで早期回復を促します。

突き指の治療法

ひとことで突き指と言っても、症状は軽い捻挫から、靭帯・腱の損傷や断裂、骨折・脱臼と様々で、
突き指の箇所や症状により、治療方法は異なります。

突き指治療

ついてるケアの 施術

 捻挫や肉離れを繰り返し起こしてしまう方は、身体のアンバランスや、使い方の癖によって同じ場所を何回もケガしてしまう可能性があります。

その場合は、ジョイントプレイテクニックで、姿勢や関節を整え、関節の適切な〝遊び〟も回復し、怪我しにくい体づくりと、脳脊髄液の循環を促し、早期回復も期待できるため、併せて受けていただくことをおススメします。

挫傷・肉離れ・捻挫・突き指の施術が受けられる院はこちらです

ご相談は、0800-200-8115まで(フリーダイヤル、携帯からもOK)

ついてるケア facebook

TOPへ戻る
  • ./
  • ./
  • ./
./