./

産後骨盤矯正

産後の骨盤矯正で輝くママに!

産後の骨盤の歪み(症状)はなぜ起こる?

 
妊娠中の負担

妊娠すると、妊娠3ヶ月~産後2,3日でリラキシンというホルモンが分泌されます。これが身体の関節をゆるめ、出産のために骨盤を開かせるはたらきがあります。

骨盤が広がることにより、股関節が外に向いて開いていくので、O脚や下半身太りになったり、開いた骨盤の中に内臓や脂肪が入り込んでどんどんお尻や下腹がポッコリになります。

また妊婦は運動量が減りがち。筋力が低下し骨格を支える力が弱まり、ゆるんだ関節に胎児の重さの負担がかかり、骨盤、骨格の歪みが発生します。

赤ちゃんのいる産後の生活は、骨盤にとって大変負担がかかります。抱っこや、授乳、沐浴、おむつ交換などの日常生活の動作は、骨盤に良くない負担がかかり続けます。ゆえに、骨盤のゆがみはさらに悪化してしまい、さらにゆがみが定着してしまうと長い期間つらい症状に悩まされることになるので注意しましょう。

骨盤の歪みが改善しない理由(一般的な間違いや、一般的な治療で改善しない理由)

「骨盤や骨格が歪んでいる」と言うと原因が骨自体にあると考えられ、骨を直接動かして歪みを矯正する方法がありますが、骨格の位置を決めているのは、実は「筋肉」なのです。

骨は支柱にすぎず、前後左右についている筋肉のバランスで姿勢は維持されています。
たとえば腰の片方の筋肉が固くなり力が入りづらくなった、片方の足の筋力が弱くなっている、そういった筋肉のバランスの崩れによって骨格は正しい姿勢を維持できなくなります。

産後の骨盤矯正の治療法はジョイントプレイテクニックです

産後の骨盤矯正治療法ジョイントプレイテクニック

産後の骨盤矯正を行うときは、

・関節の動く正しい方向と関節の遊び(ジョイントプレイ)が回復させる

・関節の反動を利用して安全に矯正を行うことができる

・脳脊髄液の循環を良くして自然回復力を高めることができる

 

ついてるケア、独自のテクニックであるジョイントプレイテクニックで施術を行います。

脊椎のひとつひとつを動かして調整し足先から手先までの関節・骨盤・背骨・内臓・顎関節・頚椎などと、全身の関節の動きをソフトに調整していきます。

全身の関節が正しい方向に、関節の遊びを持って動くようになると、患者様にとって最適な骨格状態に自然と整っていきます。

料金表はこちら⇒

セラピールームの骨盤矯正のページもご覧ください

セラピールームの骨盤矯正のページへ

産後骨盤矯正 患者様の声

匿名さん 「歩くのが楽しみになりました!」

とても歩くのが楽しみになりました以前より、腰の痛み、脚の痺れを感じ長時間歩くのも辛く感じたりしていたのですが、この整骨院に、週一で通院するようになって、最近では、犬の散歩もとても楽になりました。
とても歩くのが楽しみになりました。

「免責事項」お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません

ご相談は、0800-200-8115まで(フリーダイヤル、携帯からもOK)

ついてるケア facebook

TOPへ戻る
  • ./
  • ./
  • ./
./