岡山市ついてるケア公式サイトへ  岡山市交通事故治療ガイドへ

カテゴリ:ついてる整骨院, 未分類

脊柱は

 

 

頸部に7個、
胸部に12個、
腰部に5個、
仙骨1個、
尾骨1~3個

 

 

からなり、
脊柱の一番上に頭が
のっています。

 

 

そして頸部と腰部が
前方へ凸の湾曲で、

 

 

胸部と仙骨が後方へ
凸の湾曲となっています。

 

 

この湾曲があるため
重い頭をのせて走ったり
運動した時に、

 

 

バネのように衝撃を
緩和することができます。

 

 

このように脊柱は体を
支える役割があります。

 

 

 

次に脊柱の動き
をみていきます。

 

 

脊柱の頸椎の動きとして
前後屈と回旋できる範囲が広く、
側屈はかなり制限されます。

 

 

胸椎は側屈や回旋はほぼ制約
されずに自由に動けます

 

 

前屈もかなりできますが、
後屈はほとんどできません。

 

 

腰椎は回旋が制限され
側屈も難しい。

 

 

後屈は頸部程度で
前屈は後屈に比べ
運動範囲が制限されます。

 

 

脊椎全体では
前屈後屈は主として下部頸椎と
第12胸椎と第2腰椎の間と
下部腰椎によって動きます。

 

 

左右の側屈は頸部と腰部も
動きますが

 

 

主として胸椎の間で
行われます。

 

 

回旋は頸部と腰部も
若干関与しますが、

 

 

第一頸椎と第二頸椎の
可動域が大きい。

 

 

また仙骨と第五腰椎の
間でも回旋します。

 

 

このように脊椎は
体を動かす(運動する)
役割があります。

 

 

 

そしてもう一つ
脊柱は神経を保護する
役割があります。

 

 

脊椎の椎孔は上下に連なって
脊柱管をつくっています。

 

 

その中を脊髄が入り
保護しています。

 

 

また脊髄からは体節ごとに
神経が出て脳と各組織の
情報のやり取りをしています。

 

 

 

このように脊柱には重要な
役割があるのです。

 

 

 

――――

★公式ホームページ http://tsuiteru49.jp/

★フリーダイヤル  0800-200-8115

★facebook            【ついてるケア】←検索

★岡山交通事故治療ガイド http://岡山交通事故治療.com/blog/

――――

ついてる整骨院

TEL 086-246-6626

住所 岡山市北区今村650-103


カテゴリ:未分類

ついてるケアの目黒です。
今日は首の痛み、特にストレートネックの方の首の痛みについてお話します。
 

 
ストレートネックの言葉を最近よく聞きますが、どんなものなのか?というのを説明していきます。
 
まず、背骨の構造的なこと、機能的なことからお話をします。
首の骨は、「頚椎」と言われます。
頚椎は前側にカーブしていて、その下に続く「胸椎」は後ろにカーブしていることが普通の状態です。
また、腰の骨の「腰椎」は、前の方にカーブしていて、その下の骨盤にある「仙骨」は後ろのカーブを描くように丸みを帯びています。
これが曲がりすぎても異常なのですが、緩やかにカーブしていることが正常になります。
 
では、ストレートネックはどんなものか簡単に言うと、前側にカーブしていないといけないものが、真っすぐになった状態をストレートネックと言います。
ひどくなると、真っすぐになったうえにさらに反対側へカーブしてしまいます。
このようにストレートネックよりもさらにひどい状態の方もおられます。
 
背骨の正常なS字のカーブは、頭や足からの衝撃や捻じれからなど色々な衝撃をバネのように吸収してもらうためにあります。
これが真っすぐになってしまうと、頭の重みも直接かかってきますし、下からの衝撃も多くかかってしまいます。
よって、真っすぐになってしまった頚椎の骨の部分や軟骨の部分に大きな影響を受けてしまいます。
 
次に、運動神経、感覚神経、自律神経は頚椎の間から出てきます。
特に首の周りは自律神経が多いのですが、脊髄神経から末梢神経として出てくる穴の部分は、頚椎が前側にカーブしていれば、この出口の穴は広がっていて、なおかつ脊椎の中にある脊柱管も広がって緩んだ状態になっているので、神経の働きもしっかり起きてきます。
真っすぐになってしまっていると、出口の穴が狭くなってしまいますし、中の脊柱管も折れ曲がったように狭まってしまいます。
これによって脊髄神経の圧迫を起こしてしまいます。
 
こうなると、しびれだとか、自律神経の不調、例えば「胸が苦しい」や「動悸」、「不安感」、「血圧」、「消化器系の不調」など、狭くなることで色々な問題が起きてしまいます。
なので、ストレートネックの方は首が痛いだけではなくて、手足に力が入りにくいだとか、胃腸が悪い、夜眠れない、身体が冷えるなど、色々な症状を引き起こしてしまいます。
さらに、前側にカーブしている状態と真っすぐになっている状態を比べると、首から肩にかけての筋肉の突っ張ている距離が変わってしまいます。
 
特に女性の方がストレートネックは多いのですが、このような方は前側にカーブしている方よりも首はすらっとして長くなります。
見た目はすごくきれいな方が多いのですが、首が長くなると筋肉は物理的にはずっと引っ張られ、緊張した状態になってしまいます。
なので、首を触るとカチカチに固まった筋肉になっている方が多いです。
 
これによって、すごくしんどくなってしまって、固まった首の後ろの筋肉を伸ばしたり、マッサージをしたり、鍼を刺したりすると、突っ張って固まった状態のものを、緩めることで余計に突っ張らせてしまいます。
首の突っ張っている筋肉を伸ばすと、またさらに伸びて突っ張ってしまうことで、さらに神経は圧迫されてどんどんひどい状態になってしまいます。
 
また、真っすぐな状態から逆のカーブまで出てくると、首の前側の筋肉がカチカチになってしまいます。
そのような方は、「首の前まで凝ってきた」だとか、「喉がつまる」などと言われます。
 
これは、マッサージなどで後ろを伸ばし過ぎてしまったことで、前側は逆に縮んで固まってしまいます。
こうなってしまうと前側が固くなりすぎて正しいカーブが作れず、戻らなくなってしまいます。
 
ストレートネックから前側に傾いてしまうと、背中も丸まってきてしまいます。
 
頭は体重の8~10%ほどの重さがあり、このボーリングの球みたいなものが前に傾くことで、すごい力がかかってしまいます。
こうなってくると、背中から腰の間くらいからも傾いてしまいます。
 
なので、昔はピンとしてきれいだった女性の方が70歳くらいから腰が曲がってきて、背中が丸まってきてしまう方が多いです。
 
ではどうすればいいのか?
 
まずはピンと張った後ろの筋肉を伸ばすのをやめなければいけません。
多くの場合、きれいな姿勢を取ろうとして顎を引いたり、首や肩が凝っているからマッサージをしたり、伸ばしたりする方が多いのですが、これは逆に状態を悪化させてしまっているということを理解して頂きたいと思います。
 
まず必要なのは、自分の骨格がどうなっているのか、姿勢の分析をしなければなりません。
その結果を基に、どのように戻していくのかは人それぞれになります。
 
今回はざっくりとお話をしましたが、右に捻じれているのか、左に捻じれているのか,斜めに傾いているのか、反り過ぎているのか、本当に様々になります。
そのさまざまな状態に対して的確に必要な治療を受ける必要があります。
 
「ストレートネックなのではないか?」とお思いの方をもちろんですが、「首の症状」、「病院で自律神経に問題がある」などのお悩みがある方は、ストレートネックが原因の可能性があります。
 
普段行っているストレッチやマッサージや湿布などが原因で悪化している可能性もありますのでぜひ一度、ついてるケアの整骨院、鍼灸院で診てもらってください。


ついてるケア公式HP


カテゴリ:未分類

「自分の姿勢ってどうなんだろう?」
 

  • 証明写真を撮るときに、自分では真っすぐのつもりなのに「真っすぐ向いてください、もう少し右に傾けてください」と言われる…
  • 「背中が丸くなってるよ」や「猫背だね」と人からよく言われる…
  •  
    そういった経験はございませんか?
     
    今日は、姿勢の改善方法についてお話します。
     

     
    姿勢を改善するにはまず、自分の姿勢がどうなっているかを知る必要があります。
    そのためには、姿勢の写真を撮って姿勢分析をし、どこがどのようになっているのかを分析しなければいけません。
     
    多くの人は頭が前に移動してしまっていて、背骨のカーブがずれていたり、肩が捻じれていたり、骨盤の傾斜がおかしくなってしまったりしています。
     
    なぜこのようなことが起こるのかというと、背骨の一つ一つが癒着を起こしてしまっていることが原因となっていることが多くみられます。
     
    姿勢を改善するためには、背骨の捻じれを正しい方向に動かして、関節の癒着を取り除いて、正しい元の姿勢に戻していくことが必要です。
     
    「自分の姿勢はどうなんだろう?」とお悩みの方は、ついてるケアの整骨院、鍼灸院にご相談ください。
     
     
    ついてるケア公式HP
    ◆猫背について姿勢改善について


    カテゴリ:未分類

     

    頭痛の原因

    いろいろ原因はあります。

     

    例えば 肩こりや首のこりで頭痛が起きたり、血圧が高かったり、低かったりでも頭痛がします。

    風邪をひいても起こりますし、ある特定のにおいを嗅いでも頭痛が引き起こされたり、食べ物や飲み物でも種類によっては頭痛が引き起こされる人もいます。

     

    頭痛の原因は、いろいろありますが、

    • なかなか治らない頭痛
    • 薬を飲まないと収まらない頭痛
    • 肩こりも首こりもないのに頭痛がする

    こんな原因不明の頭痛の原因は 脳脊髄液の循環が悪くなって起こっている頭痛かもしれません。

     

    脳脊髄液というのは、頭蓋骨と背骨の中の脳 と脊髄神経保護するように満たしている液体です。

    この液体は脳と脊髄神経を守る働きと、脳と脊髄神経に栄養を与える役割があります。

     

    そして、この脳脊髄液なんですけど、実は頭蓋骨と背骨の中で循環してるんです。この脳脊髄液が循環するには、血液と違い骨盤や背骨の動きによって循環します。

    骨盤や背骨の動きといってもピンとこないかもしれませんが、深呼吸をすると胸が膨らんだり、しぼんだりしますよね。

    これは、肋骨が動いてそうなるのと同じで骨盤や背骨も呼吸に合わせて動いているんです。この動きによって脳脊髄液が循環し、脳や脊髄神経に栄養を与えるんです。

    なので骨盤や背骨の動きが悪くなると 脳脊髄液の循環が悪くなり、 脳や脊髄神経に栄養がたっぷりいかなくなり、そのサインとして頭痛が起こるんです。


    この頭痛には 特徴があって、寝転がっていると少し楽になるんです。

    なので、立っていたり、座っていると頭痛がして、寝転がっていると少し楽になるんです。

    なんでかというと、立っていたり座っている姿勢だと、脳脊髄液が循環するのに重力に逆らって循環しないといけないので、立っていたり、座っている姿勢だと脳や脊髄神経が栄養不足になって頭痛がひどくなるんです。

     

    なので、脳脊髄液の循環が悪くてする頭痛の場合、ゆっくり寝転がって、ゆっくり深呼吸をしていると楽になってきます。

     

    ただこの頭痛を根本的に治すには、脳脊髄液の循環が悪くなっている根本的な原因である背骨や、骨盤の動きが良くなるように矯正が必要になります。

     


    カテゴリ:未分類

    子供の頃、体育の授業とか、校長先生の話を聴く時とか

    休めの姿勢ってありましたよね。

     

    前っー習え 休め の休めの姿勢

    右足を右斜め45度に出すやつね 僕の年代の人はわかると思います。

    休めって言われると、反射的にできるようになりましたよね 。間違いなく、右斜めに足出ましたよね、懐かしいです。今は、休めの姿勢違うみたいですけど、

     

    実は、この姿勢が肩コリとか、腰痛を引き起こすんですよ。

     

    なんでか?休めの姿勢って癖になるんですよ、

    休めって言われなくても、普段から何気なく立ってる時、休めの姿勢とってるんですよね、大人になっても。普段何気なく立ってる人見てみてください。

    結構いますので、スマホ持って立ってる人、飲み物持って立ってる人、タバコ吸いながら立ってる人、面白いですよ。

     

    癖が強い 千鳥というお笑いコンビも言ってますね。

     

     

    で、肩コリ腰痛の治し方なんですが、簡単です。

     

    左足を斜め45度に出して立って見ましょう、プラス右足に体重をかけて立って見ましょう。

     

    やるタイミングは歯磨きをする間やるのをオススメします。

     

    sisei

     

    最初は結構違和感あります。

    忘れやすいので、洗面台の鏡に左足斜め45度右足重心ってメモ貼るのをオススメします。

     

     

    注意事項

    今の休めの姿勢って違うみたいです

    どの年代かはわかりません

    なので

    この文章を読んで、自分に当てはまってるなーと感じた人だけやってみてください

     

    例えば、スマホする時どんな感じで立ってるか?

    無意識に立ってる時、どっちの足を斜めに出してるかなど確認し、右足を斜めに出してる人は、左足を斜めに出して、左足を斜めに出してる人は右足を斜めに出して見ましょう。やりにくい、違和感があるはずです。

     

    やりにくい、違和感があるということは、身体が歪んでる場合が多いです。

     

    よくわからない、自分は違うなと感じる人は、やらないでください。自分の直感を優先してください。

    あと決して極端にしないでください、リラックスしてゆっくり、軽くやってください。それで大丈夫です。ゆっくり治っていきます。


    カテゴリ:未分類

    僕もなったことあります。

     

    初めてなったのは小6の時

    全然わからなかった。

    476110

    ただ歩けない小学校にたどりつけない。

    トイレにしゃがめない当時和式トイレ 全然わからなかった。

     

    親に、言えばいいのにそれさえ思い浮かばなかった。腰が痛いとも思わなかった。腰が痛くなるという知識がなかったんだと思います。

    体育でハードルの授業があり、こんなハードルどうやって飛んでたんだろう?って思った。ほんとなんで?って感じ。

     

    そんな時、友達が「目黒ぉ〜 腰が悪いんじゃねぇーん」と声をかけてくれた。ほんまじゃ 腰が痛いと その時初めてわかりました。

     

    それからその時、なんでか体操すりゃあええわって感じで、死にもの狂いで、運動場に座って腰をねじってストレッチしたのを覚えてます。

     

    目の前が見えないくらい痛かった。でもその後から、何も記憶無い。なんでねじってストレッチをしたのかもわかんないけど、とにかくその後から不便な生活した覚えがないです、治ったんでしょう。それにこんなことがあったなぁ〜っと思い出したのも治療家になってからですもん。

     

     

    今から考えると荒療治 たまたま良くなったんだと思います。

     

     

     

    それでは、ぎっくり腰になった時の対策方法の1つを提案させていただきます。

     

    ぎっくり腰になったとわかるということは、前にもなった経験があるから、ぎっくり腰になったとわかると思います。ほんと動けないし、痛いですよね。骨が折れてるんじゃないか?ズレてるんじゃないかとか思うくらい痛いですよね。

     

     

    でもね、ゆっくり動いてみてください、

     

     

    痛みが少ない動きはないですか、腰をゆっくりねじってみてください、痛くなくねじれる方ないですか?反らすと痛いけど、曲げるのが痛くないとか、まるまると痛くないとか。

     

    IMG_9716 IMG_9715 IMG_9719 IMG_9717 IMG_9718

     

    その痛くない方向へ、とにかくゆっくり息を吐きながら、動かしましょう。

     

    起き上がってしなくてもいいです。寝転がって、膝を立てて、右とか左とか、痛くない動きを探して、動かしましょう。

     

    腰がまったく楽な動きがなくても、首でも、肩でも、足首手首、肘でも膝でもいいですよ。

     

    IMG_9720 IMG_9723 IMG_9722 IMG_9721 IMG_9724 IMG_9726

     

    だんだん、いろいろ動かせるようになってきますよ。

     

    コツは、勢いをつけないこと。ゆっくりゆっくり息を吐きながら痛くないように、痛いまでやらない、痛くない角度、方向、痛くない向き、痛くない伸ばし方、じっくりゆっくり焦らず探してみてください。

     

    驚きの効果がありますよ。

    少しずつ動けるようになります。

     

    これ、ぎっくり腰の時ほんと役立ちます、早く治ります。

     

    ぎっくり腰じゃなくても、首の寝違えにも効果ありますよ

     

     

    追伸

    ぎっくり腰は、急になったように感じるかもしれませんが、時間をかけてかなり身体の状態が悪くなって慢性化した状態からなります。

    また、精神的なストレスもかなり影響して起こるものです。ぎっくり腰になるということは必ず何か原因があります。ぎっくり腰によくなる方は、必ず専門家に相談しましょう。

     

     

    岡山市・倉敷市・広島市安佐北区・大阪市都島区でぎっくり腰にお悩みの方はついてるケアグループへお任せください!
    ぎっくり腰

    カテゴリ:未分類

    ずーっと、下痢とか、いっつも便秘の人 腰痛ありませんか?

    015843

     

    腰痛だけじゃなく

    • お尻が痛む
    • 足がしびれる
    • 足がつる
    • むくむ
    • 腰がだるい
    • 生理の時は腰がしんどくなる
    • 寝転がっていると腰が痛くなる、違和感を感じる

     

    もちろん、座ってる時、動いてる時、歩いてる時

    なんか全部ですね。

     

    それは、前もお話ししたように、神経で身体はつながってるんです。

    なので、便秘や下痢などの症状も、身体の痛みとつながってるんです。

     

    なんか不思議ですね、勉強してると、ほんと身体って素晴らしいって感じます!

     

     

    今日も、安心安全な、便秘下痢併発腰痛解決方法を1つ

    提案させていただきます。

     

     

    呼吸法です。

    逆腹式呼吸法という呼吸法です。

     

     

    1.息を吸う時に、胸を膨らましお腹を凹ます

    IMG_9712

     

    2.息を吐く時、お腹を膨らます

    IMG_9713

     

    今回のこの呼吸方法は、口ではせず、鼻だけで吸ったり吐いたりしてください。

    手をお腹に当ててやるとやりやすいですよ。

     

    朝、昼、晩とゆっくり無理せずやってみてください。

    回数は朝昼晩、一回からやってみてください。

     

    3か月間やってみましょう。

     

    便秘や下痢が良くなって、腰痛も楽になりますよ。

     

    ぜひお試しあれ!

     

     

    岡山市・倉敷市・広島市安佐北区・大阪市都島区で腰痛にお悩みの方はよろず養生指南所へお任せください!
    more-or400

    カテゴリ:未分類

    今履いている靴のかかとのところ見てみましょう

    IMG_9660

     

    悪い側が変にシワが入ったり、傾いたり、歪んだりしてませんか?

     

    もし、そうなら、靴を変えましょう 寿命です

    その靴を履いて歩くと足だけじゃなく、膝や、腰まで余計に悪くなりますよ

     

     

    さらに、靴下を五本指ソックスに変えましょう

    IMG_9661 IMG_9662

     

    そして、足首をぐるぐる回すのをやめましょう

    特に回すと、足首がボキボキ音がする人、やるとどんどん足首が悪くなります

     

    あと椅子に座っている時足を重ねたり、足首を伸ばしたりすると足首が悪くなります

     

    癖でやってる人はやめましょう

    IMG_9663

    IMG_9665 IMG_9664

     

    これらのことをぜひ実践してみてください

     

    効果ありますよ

     

    岡山市・倉敷市・広島市安佐北区・大阪市都島区で足首の痛みにお悩みの方はよろず養生指南所へお任せください!
    more-or400

    カテゴリ:未分類

    89faa236ae1d3c4b5281128f93a3adf4_s

    実は肩こり腰痛と胃腸の調子ってつながってるんです。

     

    東洋医学では、

    消化器系 胃とかすい臓に問題があると、左の肩こり。

    免疫系 肝臓とか、胆のうに問題があると右の肩こり。

    呼吸器系 肺とかに問題があると背中。

    腸や腎臓に問題があると腰痛。

    とか、いろいろつながってるんです。

     

    ちょっと話しはそれるんですが、東洋医学は面白くて、頭を北向きにして寝ると、免疫力が上がるとされています。

    なぜか?何千年も前は病気になった時や、治療をする時、頭を北向きにした方が他の方角より良くなることが多いということが何千年の歴史の中でわかったから、

    治療をする時は、頭を北向きにする

    葬式の時には、頭を北向きにするんです。

     

    なかなか面白いです。

     

    東洋医学ってこういう感じなんですが、西洋医学も実は同じで、この薬を飲んだら、飲まない患者さんと比べて良くなることが多いということを実験していくんです。

     

    話しは戻りますが、肩こり腰痛がある人は胃腸の調子が悪い人が多いです。

    肩こり腰痛を治すと胃腸の調子が良くなります。

    胃腸の調子を治すと肩こり腰痛が良くなります。

     

    面白いです。

     

    肩こり腰痛をマッサージしたりしなくても、漢方薬で治る人ってこういう原理なんです。

     

     

    人間の身体に起きてる症状は、すべてつながってるんです。

    肩こり腰痛みたいな症状は、身体に問題が起きてますよっていうサインです。

     

     

    そのサインを無視していろいろ改善せず、痛み止めや痛み止め湿布、痛み止めの塗り薬なんかでごまかし続けると、肩こり腰痛だけじゃなく胃腸の調子もどんどん悪くなります。

     

    身体はすべてつながってます。胃腸だけじゃなく、機嫌も悪くなります。

     

    調子悪かったら、機嫌悪くなりますもんね。

     

     

    ここで1つ僕の知っているし実践していて、効果確認済みの!100%安全で簡単な肩こり腰痛の治し方をご紹介しようと思います。

     

    それは、

    自分で機嫌を良くする

    機嫌が良いように振る舞う

    とにかく、調子が悪くても機嫌を良くする

    どんなマイナスな問題があっても機嫌を良くする

     

     

    これすごいですよ、効きます。

    副作用として周りの人も調子良くなりますよ。

     

    ほんとですよ、信じてやってみてください。

    驚きの効果です 絶対オススメです!

     

    ここまで読んでくださりありがとうございます!


    カテゴリ:未分類

    10ea4d406b2298eaa3ffe1fd48711eb3_s

    テレビ大好きですか?僕は大好きです。

     

     

    テレビは、身体の状態に大きく影響します。

     

     

    もちろんです。

     

    テレビをみて泣いたり、笑ったり、怒ったり、感動したり、時間つぶしに見たり、いろいろなニーズがあって見るんよね。

     

    ただその中で感情の変化は、体調に大きく影響します。

    まぁそうですよね、なんとなくわかりますよね。

     

    テレビの物語で、いろいろあって最終的に良かったり、許せたり、ハッピーエンドできたら良いのですが、テレビのニュースなんかは、そうはいかない場合が多いです。心配事が増えたりね。

     

     

    このテレビをみて起こる、不平や、不満、怒り、心配事、悲しみ、怒り、許せないない気持ち

    もろに身体に影響しますよ。血圧上がったりしますよ。

    その気持ちがテレビをみ終わっても、続いたり、増幅したり。

     

     

    これが、身体の不調を招いてるって気付くだけでも、だいぶ違いますよ。

     

     

    わかりますよね。

    わかるだけでもほんと違います。

     

     

    逆にとらえると

     

    ロッキー見たあと、僕変わりましたもん

     

    生卵飲んだもん。

     

     

     

    ほんと

    テレビの影響は強し