岡山市ついてるケア公式サイトへ  岡山市交通事故治療ガイドへ
 

カテゴリ:, ついてる整骨院

脊柱管は椎骨の椎孔が

上下に連なって出来た管で、

椎間板や黄色靭帯からなり、

 

脊柱管の中を脊髄が

入っています。

 

脊髄は脳と末梢との間の

知覚・運動の刺激伝達の

中継反射機能をつかさどります。

 

腰部脊柱管狭窄症は

この脊柱管が狭くなった

状態です。

 

 

原因として骨や靭帯の肥厚です。

 

またヘルニアやすべり症に続いて

発症することもあります。

 

症状としては疼痛、しびれ、

腰痛、間欠跛行、異常感覚

などがあります。

 

間欠跛行はずっと歩いていると

腰や臀部から下肢にかけて

疼痛やしびれ、感覚の異常が出て、

 

少し休むとまた歩けるように

なることです。

 

疼痛は左足、右足どちらかに

現れたり、左右両側に現れたり、

 

腰から坐骨神経にそって

痛みが現れたりします。

 

異常感覚は冷感や灼熱感

などがあります。

 

症状が重くなると

排尿・排便障害が起きてきます。

 

 

病院での治療では薬で炎症を

抑えたり、血流をよくします。

 

また注射で痛みをブロックしたり、

ストレッチなどの運動療法、

装具での腰の固定などがあります。。

 

そしてひどい場合は

手術になります。

 

 

ついてる整骨院での施術は、

 

まず腰の負担を減らし、

背骨自体の動きがよくなるように

背骨を一椎一椎矯正していきます。

 

また背骨のみならず手足や肩腕肘、

股関節、膝、足首など

 

体全体の関節を矯正して

腰の負担を減らしていきます。

 

そして症状により光線や微弱電流、

電気鍼をあてていきます。

 

 

症状が改善するまでには

時間がかかります。

 

狭窄症でお困りの方は

ぜひご相談ください。

==============================
ついてる整骨院
HPはコチラ
⇒https://www.tsuiteru4949.com/

TEL:086-246-6626
==============================

 


カテゴリ:, ついてる整骨院

おはようございます。

ついてる整骨院の金山です。

 

 

 

最近特に「足や手にしびれがある」

という患者さんが当院に増えてきました。

 

 

話を聞いていくと病院で

椎間板ヘルニアと言われた方も

おられました。

 

 

椎間板ヘルニアと言う言葉は

皆さんもよく耳にすると思います。

 

 

 

ですがそもそも椎間板が

どういうものなのか

皆さんは知っていますか?

 

 

 

今回は椎間板について

お伝えしていきたいと思います。

 

 

 

椎間板は背骨と背骨の間にある

円形状の線維軟骨のことで、

外側に線維輪という部分と

内側に髄核という柔らかい

部分に分かれています。

 

 

饅頭の中のあんこのイメージですね。

 

椎間板は水分の非常に多い組織で

クッションの役割をしています。

 

 

これにより日常生活でかかる

背骨への負担を軽減しているわけです。

 

 

 

年を取ったり、繰り返しの不良姿勢が

続くと椎間板に負担がかかりすぎてしまい

 

饅頭のあんこの部分が飛びたすように

ドーナツ状の繊維輪が破れて

髄核が飛び出てしまいまいます。

 

これが皆さんも知っていると思いますが

ヘルニアと言う状態です。

 

 

 

椎間板を健康的に保つには

同じ姿勢を長時間続けないことが大事です。

 

 

 

体を小まめに動かし

同じ部分に負担がかからないようにして

水分を循環させるようにしていきましょう。

==============================
ついてる整骨院
HPはコチラ
⇒http://tsuiteru49.jp/shop/1

FaceBookはコチラ
⇒https://www.facebook.com/%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6%E3%82%8B-%E6%95%B4%E9%AA%A8%E9%99%A2-307239889761924/
岡山市北区今村650-103

TEL:086-246-6626
==============================


カテゴリ:, ついてる整骨院

腰部椎間板ヘルニアは
背骨の椎骨と椎骨の間にある
椎間板が損傷し

椎間板の中の組織が外に出て
神経を圧迫することによって

腰痛や下肢に痛みやしびれが
出る疾患です。

重い物を持ち上げた時や
急激な運動などで発生します。

腰痛になってそのうち
良くなるだろうと思って
様子をみても

症状が変わらなければはあるいは
ヘルニアの可能性もあります。

まずは検査が重要です。

SLRテストやFNSテスト
腱反射や筋力、感覚を検査し
神経障害をみていきます。

整形外科ではさらにレントゲン写真や

MRIでより詳しく判断することができます。

そして治療ですが病院では基本的に

保存療法で薬や注射で経過をみます。

ついてる整骨院ではまず
背骨や骨盤、全身の関節を矯正し

椎間板にかかっている負担を
減らしていきます。

椎間板自体の損傷は人間の回復力、

すなわち自然治癒力によりますので

それ以上負担をかけないようにすわけです。

そして急性期であれば並行して微弱電流を

用いて組織の再生をはかります。

微弱電流は細胞の再生を早めます。

そして症状が緩和していけば、

姿勢矯正と平行してSSP(電気鍼)をあて

筋肉のバランスを整えます。

治療を続けるうちに症状は回復していきますが、

症状が取れたと思っても姿勢の歪みや

椎間板の回復が完全でない場合、

さらに受傷し症状がぶり返すことがあります。

それなので自分で良くなったからと

途中で治療をやめると良くありません。

定期的な検査で判断したほうが

長い目で見ると安全でおすすめです。

==============================
ついてる整骨院
HPはコチラ
⇒https://www.tsuiteru4949.com/

 

岡山市北区今村650-103

TEL:086-246-6626
==============================


カテゴリ:, ついてる整骨院

こんばんは、ついてる整骨院の大橋です。

今日は姿勢にも関係している
反り腰について説明します。

反り腰とは、腰が正常の人と
比べて反った状態です。

自分で確認するには、
壁に背中をつけた時や
仰向けで横になった時に、
腰と壁(床)の間に握り拳(グー)が
入る方は反り腰と判断できます。

正常姿勢の場合は、
背中に入るのは手の掌(パー)
一枚分と少し程度です。

反り腰の人の特徴として、
お腹とおしりの筋肉が
弱いことが多いのです。

そのため、ぽっこりお腹になったり、
おしりが垂れるといったデメリットが
あります。

反り腰の方は背中や腰の筋肉、
ももの前にある大腿四頭筋や
太ももから骨盤、背骨にかけて
繋がっている腸腰筋が
緊張しているために、
張りを感じます。

また、偏った筋肉でバランスを
とっているため、どうしても悪い
姿勢になってしまいます。

私たちの背骨は本来ゆるやかな
S字カーブを描いています。

しかし反り腰になることで
姿勢がくずれ、このS字カーブも
極端になることでカラダの
一部に負担がかかり、
腰痛や肩こりなどになります。

そうならないためにも
反り腰改善の取り組みを行いましょう!

==============================
ついてる整骨院
HPはコチラ
⇒https://www.tsuiteru4949.com/

岡山市北区今村650-103

TEL:086-246-6626
==============================