岡山市ついてるケア公式サイトへ  岡山市交通事故治療ガイドへ

カテゴリ:, ついてる整骨院

おはようございます。

ついてる整骨院の金山です。

 

 

 

最近特に「足や手にしびれがある」

という患者さんが当院に増えてきました。

 

 

話を聞いていくと病院で

椎間板ヘルニアと言われた方も

おられました。

 

 

椎間板ヘルニアと言う言葉は

皆さんもよく耳にすると思います。

 

 

 

ですがそもそも椎間板が

どういうものなのか

皆さんは知っていますか?

 

 

 

今回は椎間板について

お伝えしていきたいと思います。

 

 

 

椎間板は背骨と背骨の間にある

円形状の線維軟骨のことで、

外側に線維輪という部分と

内側に髄核という柔らかい

部分に分かれています。

 

 

饅頭の中のあんこのイメージですね。

 

椎間板は水分の非常に多い組織で

クッションの役割をしています。

 

 

これにより日常生活でかかる

背骨への負担を軽減しているわけです。

 

 

 

年を取ったり、繰り返しの不良姿勢が

続くと椎間板に負担がかかりすぎてしまい

 

饅頭のあんこの部分が飛びたすように

ドーナツ状の繊維輪が破れて

髄核が飛び出てしまいまいます。

 

これが皆さんも知っていると思いますが

ヘルニアと言う状態です。

 

 

 

椎間板を健康的に保つには

同じ姿勢を長時間続けないことが大事です。

 

 

 

体を小まめに動かし

同じ部分に負担がかからないようにして

水分を循環させるようにしていきましょう。

==============================
ついてる整骨院
HPはコチラ
⇒http://tsuiteru49.jp/shop/1

FaceBookはコチラ
⇒https://www.facebook.com/%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6%E3%82%8B-%E6%95%B4%E9%AA%A8%E9%99%A2-307239889761924/
岡山市北区今村650-103

TEL:086-246-6626
==============================


カテゴリ:, ついてる整骨院

腰部椎間板ヘルニアは
背骨の椎骨と椎骨の間にある
椎間板が損傷し

椎間板の中の組織が外に出て
神経を圧迫することによって

腰痛や下肢に痛みやしびれが
出る疾患です。

重い物を持ち上げた時や
急激な運動などで発生します。

腰痛になってそのうち
良くなるだろうと思って
様子をみても

症状が変わらなければはあるいは
ヘルニアの可能性もあります。

まずは検査が重要です。

SLRテストやFNSテスト
腱反射や筋力、感覚を検査し
神経障害をみていきます。

整形外科ではさらにレントゲン写真や

MRIでより詳しく判断することができます。

そして治療ですが病院では基本的に

保存療法で薬や注射で経過をみます。

ついてる整骨院ではまず
背骨や骨盤、全身の関節を矯正し

椎間板にかかっている負担を
減らしていきます。

椎間板自体の損傷は人間の回復力、

すなわち自然治癒力によりますので

それ以上負担をかけないようにすわけです。

そして急性期であれば並行して微弱電流を

用いて組織の再生をはかります。

微弱電流は細胞の再生を早めます。

そして症状が緩和していけば、

姿勢矯正と平行してSSP(電気鍼)をあて

筋肉のバランスを整えます。

治療を続けるうちに症状は回復していきますが、

症状が取れたと思っても姿勢の歪みや

椎間板の回復が完全でない場合、

さらに受傷し症状がぶり返すことがあります。

それなので自分で良くなったからと

途中で治療をやめると良くありません。

定期的な検査で判断したほうが

長い目で見ると安全でおすすめです。

==============================
ついてる整骨院
HPはコチラ
⇒https://www.tsuiteru4949.com/

 

岡山市北区今村650-103

TEL:086-246-6626
==============================


カテゴリ:ついてる整骨院

こんばんは。

ついてる整骨院
院長の田井です。

暖かくなると外で運動したくなりますね。
今日は運動で骨を強くする話です。

骨を強くする要素はビタミンD、K、Cや

カルシウムが必要ですが、

それだけではありません。

たとえ上に上げたものを摂取していても、

骨に刺激がないと丈夫にはなりません。

日々私たちの身体は生まれ変わっています。

骨には骨芽細胞と破骨細胞があります。

骨芽細胞は骨を形成し、

破骨細胞は骨を破壊します。

この二つがバランスをとりながら

日々骨を作り直しています。

しかしこのとき骨に対する刺激が少ないと、

骨はやせ細っていきます。

宇宙飛行士が何日間宇宙に行って
帰ってくると骨がやせているのは

骨に対しての刺激が少なく破骨細胞が

骨を壊しているためです。

話によると骨粗鬆症患者の10倍の
速さで骨量が減少するそうです。

怖いですよね…。

地球にいて地球の重力の中で
運動をすれば

骨に荷重刺激が加わり、

骨にカルシウムが蓄積されます。

つまり骨芽細胞が骨をつくるのです。

また骨折して治癒の過程で超音波で

刺激を与えると回復が早くなります。

このように骨に対する刺激は
丈夫な骨をつくる上で大切です。

日頃からじっとして動くことが少なかったり、

自動車の運転で歩かないような人は

なるべく身体を動かすことを
意識してみましょう!

参考文献:JAXA

健康管理と病気の予防に役立つ宇宙医学
JAXA友人宇宙環境利用ミッション本部
宇宙医学生物学研究室研究領域リーダー・主幹研究員
宇宙医学実験担当
大島 博

==============================
ついてる整骨院
HPはコチラ
⇒https://www.tsuiteru4949.com/

岡山市北区今村650-103

TEL:086-246-6626
==============================


カテゴリ:, ついてる整骨院

こんばんは、ついてる整骨院の大橋です。

今日は姿勢にも関係している
反り腰について説明します。

反り腰とは、腰が正常の人と
比べて反った状態です。

自分で確認するには、
壁に背中をつけた時や
仰向けで横になった時に、
腰と壁(床)の間に握り拳(グー)が
入る方は反り腰と判断できます。

正常姿勢の場合は、
背中に入るのは手の掌(パー)
一枚分と少し程度です。

反り腰の人の特徴として、
お腹とおしりの筋肉が
弱いことが多いのです。

そのため、ぽっこりお腹になったり、
おしりが垂れるといったデメリットが
あります。

反り腰の方は背中や腰の筋肉、
ももの前にある大腿四頭筋や
太ももから骨盤、背骨にかけて
繋がっている腸腰筋が
緊張しているために、
張りを感じます。

また、偏った筋肉でバランスを
とっているため、どうしても悪い
姿勢になってしまいます。

私たちの背骨は本来ゆるやかな
S字カーブを描いています。

しかし反り腰になることで
姿勢がくずれ、このS字カーブも
極端になることでカラダの
一部に負担がかかり、
腰痛や肩こりなどになります。

そうならないためにも
反り腰改善の取り組みを行いましょう!

==============================
ついてる整骨院
HPはコチラ
⇒https://www.tsuiteru4949.com/

岡山市北区今村650-103

TEL:086-246-6626
==============================

 

 


カテゴリ:ついてる整骨院, 健康情報

こんばんは。

ついてる整骨院スタッフ小路です。

 

 

新生活が始まり、そろそろ一月が経ちます。

 

新生活ということは初めての出来事や、

人との出会いが増えます。

 

緊張、プレッシャー、好き嫌い

様々な感情が押し寄せてきます。

 

人間は日々、少なからず

ストレスを感じて生きています。

 

人によってはそれが原因で

病になる方もいます。

 

 

ストレスとは

外部からの様々な刺激によって

心や身体に負担がかかることで、

心身に歪みが生じることです。

 

ストレスの代表的な症状として

「うつ病」があります。

 

しかし、以下の病気になる危険性もあります。

 

・胃、十二指腸潰瘍

 

・胃炎(急性、慢性、神経性)

 

・過敏性腸症候群

 

・不眠症

 

 

・自律神経失調症

などがあります。

 

これらは即、命に関わる症状というわけではありませんが、

クセになったり、長引く可能性の高いものです。

 

上記の疾患が疑われる場合は早めに病院へ行って下さい。

 

 

また、御自身でセルフケアを行う事も非常に大切です。

以下のセルフケアを試してみて下さい。

 

・気分転換を図る

実生活や生活圏とは違う体験(スポーツ、森林浴、旅行など)

 

・質の良い睡眠をとる(ゆっくり休息をとる)

就寝前のアルコールや過度の食事は控えましょう

 

・誰かに相談する

人に話す事でスッキリする事も

 

・ストレスの目は早めに摘む

溜める事が大変危険です

 

・メンタルトレーニングをする

急に強くすることは出来ません

無理をしない事が大切です

 

・深呼吸を行う

腹式呼吸で深く息を吸う事により

自律神経のバランスを整えます

 

・市販の薬を使う

適切なものがわからない時は

診察を受ける事も大切です

 

 

知らない内に、人はストレスを感じるものです。

自分は大丈夫と思わずに、

いつもと違う何かを感じた時はリフレッシュして下さい

==============================
ついてる整骨院
HPはコチラ
⇒https://www.tsuiteru4949.com/

 

岡山市北区今村650-103

TEL:086-246-6626
==============================


カテゴリ:ついてる整骨院, 健康情報

こんばんは。

ついてる整骨院院長の田井です。

徐々に暖かく、日差しも強くなってきて

骨を強くするには良い季節かもしれません。

今日は太陽光線と骨に関係している

ビタミンDの話です。

ビタミンDは

小腸でカルシウムの吸収を促進したり

血中のカルシウム濃度を一定にし、
骨にカルシウムを沈着させる働きがあります。

ビタミンDは骨を強くするために
重要な要素です。

そのビタミンDは日光浴をする
ことによって作られます。

日光浴で日光を浴びると
皮膚の中のコレステロールが
ビタミンDに変化します。

日光浴でのビタミンD産生では、
皮膚で産生が調整されているため
必要以上のビタミンDは産生され
ないため安全です。

しかし、長時間日光浴をすると
皮膚癌などのリスクが高まるので
気をつけください。

ビタミンDは日光浴だけではなく
食事からも摂取可能です。

ビタミンDが豊富な食べ物として

魚類、バター、卵黄、きのこ類
などに含まれています。

日光浴が十分であれば不足になる

心配はないでしょう。

もし不足すると、幼児ではくる病、

成人では骨粗鬆症を引き起こします。

逆に取り過ぎると、骨歯の異常、腎障害、

高カルシウム血症などの過剰を引き起こします。

適度に日光浴をして適度に食事から

ビタミンDを摂取して骨を丈夫にしましょう!

参考文献
・環境省、紫外線環境保護マニュアル2008
・厚生労働省、日本人の食事摂取基準(2015年版)http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10901000-Kenkoukyoku-・Soumuka/0000042635.pdf
・日本人の食事摂取基準(2010年版)
・サプリメント辞典
・南山堂医学大辞典

==============================
ついてる整骨院
HPはコチラ
⇒https://www.tsuiteru4949.com/

岡山市北区今村650-103

TEL:086-246-6626
==============================

カテゴリ:ついてる整骨院

こんばんは

ついてる整骨院 院長の田井です。
骨を強くする要素はビタミンDやカルシウムなどいろいろありますが、

今日は骨を強くする

『 ビタミンK 』に
ついてお伝えします。

ビタミンKは体の中のカルシウムを

骨に沈着する時に必要です。

また骨のコラーゲン生産を促進し、骨を丈夫にします。

ビタミンKは、

植物の葉緑体で作られるビタミンK1(フィトナジオン)と
細菌が作るK2(メナテトレノン)があります。

ビタミンKは緑黄色野菜に多く
含まれていたり、

腸内細菌でつくられるので
不足することは、ほとんど無いようです。

ビタミンKは脂溶性で、

食べ物に多く含まれる物として

パセリ、わかめ、ひじき、のり、昆布

ほうれん草、大豆、バジル、モロヘイヤ

煎茶、紅茶、玉露茶や抹茶などのお茶

納豆、チーズ、肉など多くの食品に含まれています。

特に納豆、挽き割り納豆の含有率が高いので、

簡単に補給するなら、納豆のパックを

買って食べるのが良いかもしれません。

もしビタミンKが不足すると
骨粗相症を引き起こす可能性があり、

骨折のリスクが高まります。

またビタミンKのもう一つの役割として

血液の凝固があります。

ビタミンKが不足すると

出血しやすくなります。

不足の心配はありませんが、
骨のために意識してビタミンKを
摂ってみてください

==============================
ついてる整骨院
HPはコチラ
⇒https://www.tsuiteru4949.com/

岡山市北区今村650-103

TEL:086-246-6626
==============================


カテゴリ:ついてる整骨院
こんばんは、ついてる整骨院の大橋です。
暖かくなってきましたね。
数日おきに天気の悪い日も
あるみたいです。

低血圧で朝が弱い、、、
などお困りの方へ!
低血圧改善の運動をご紹介します♪

その症状!低血圧が原因かも?
低血圧の原因については、
コチラから→http://tsuiteru49.jp/shourei/?p=1344

低血圧の改善法は、
・自律神経を整える
・運動
・食事
・生活習慣の見直し
・マッサージ
などがありますが、

そのうちの運動に
ついてご紹介します。



運動不足になると、
全身に血液を送る力が弱まるので
低血圧になってしまいます。

特にふくらはぎの筋肉は
血液の循環に大切な役割を
果たしているため、
ジョギングやウォーキング、
サイクリングなど、
ふくらはぎを使う運動が
オススメです!

また、ストレッチを
することも効果的です。



低血圧の方にオススメの
血流改善ストレッチをご紹介します。

・全身のストレッチ
仰向けに寝て、両手をピンと
頭の上に伸ばします。
5秒間伸ばしたら、一気に力を抜きます。
この動作を5回繰り返してください。

・腰回りのストレッチ
仰向けに寝て、両ヒザを立てます。
両ヒザを合わせて左に倒します。
ゆっくりと元に戻したら、
右側も同様に倒します。
両側10セットを目標に
行ってください。

腰が痛い時もオススメの
ストレッチですよ!

・お尻周りのストレッチ
仰向けに寝て、両ヒザを立てます。
手の平を下にして、
腰のあたりに置きます。
そのままお尻を持ち上げて、
お腹に力を入れます。
10秒キープして元に戻します。
5回程度繰り返して行って下さい。

体が伸びて、血行がよくなるので、
無理のない程度に、
ぜひ試してみてくださいね♪

低血圧改善の運動はいかがでしたか?

普段から運動不足に気をつけて
生活を改善する
きっかけになればと思います。


==============================
ついてる整骨院
HPはコチラ
⇒https://www.tsuiteru4949.com/

岡山市北区今村650-103

TEL:086-246-6626
==============================

カテゴリ:ついてる整骨院

こんばんは。

ついてる整骨院 院長の田井です。

今回はビタミンCが骨を強くする

役割についてお伝えします。

ビタミンCの役割はたくさんありますが、
その中の一つにコラーゲンの合成が
あります。

コラーゲンはタンパク質の一種で
体の細胞同士がばらばらにならない
ように結びつけ支持しています。

コラーゲンはⅠ型からⅩⅨ型の
19種類の型があって

全部で28種類の存在が
知られています。

骨はⅠ型に多く含まれています。

軟骨はⅡ型に多くあります。

もし骨の形成過程で骨の土台となる
コラーゲン形成時にビタミンCが
不十分だったら

組織は弱くなってしまいいろいろな

疾患が出てきます。

ビタミンCが欠乏すると

歯や骨の発育が悪く、骨折しやすく

なります。

骨以外にも

免疫が低下したり、

・全身の点状、斑状出血、

・歯肉の腫脹・出血、

・消化管出血、骨膜下出血、

などの出血しやすい
症状が出てきます。

ビタミンCが十分
足りていると

骨は弾力性があり
骨折しにくくなります。

このビタミンC、わかっているだけで
人、さる、モルモットは体内で作れず、

他の動物は体の中で作れます。

そのため人間は常に食べ物から

ビタミンCを摂取する必要があります。

ビタミンCを多く含んでいる食品として

レモンなどの柑橘類、
アセロラ、パセリ、
お茶、ピーマン、
キウイフルーツ、
ブロッコリー、
キャベツなど

他にも多くの食品の中に含まれて
います。

ビタミンCは熱に弱いので、

なるべく生で食べるか

熱を加える際には短時間で調理

します。

またビタミンCは水溶性でたくさん

摂っても不要な分は体から尿とし

て出て行きます。

小まめに補給したほうが良いでしょう。

それともうひとつ、
お酒を飲んだりたばこを吸うと
たくさんのビタミンCが失われるので、

たばこやお酒をたしなむ方は
気をつけてください。

それではみなさんも
食事でビタミンCを摂って、
骨を丈夫にしてみてください!

==============================
ついてる整骨院
HPはコチラ
⇒https://www.tsuiteru4949.com/

 

岡山市北区今村650-103

TEL:086-246-6626
==============================


カテゴリ:ついてる整骨院

こんばんは、ついてる整骨院の大橋です。

暖かくなってきましたね。
汗ばむ日もあるくらいです。

今日は血圧高めの人が気になる、
血圧を上げる要因について説明します。

血圧とは、血管の中を流れる血液が
血管壁に与える圧力のことです。

高血圧の基準値は、
診察室血圧値で140/90mmHg以上、
家庭血圧値で135/85mmHg以上です。

高血圧状態を長期間放置すると
動脈硬化や脳卒中などの脳血管疾患や
心臓病、腎疾患など多くの疾病を
引き起こしやすくなります。

 

血圧は、色々な要因によって上がります。

・血圧を上げる要因で主なものは、

1 食塩のとりすぎ
食塩(塩化ナトリウム)をとり過ぎると、
血液中にナトリウムがたまります。

ナトリウムがたまると、
血管内の水分を蓄えてナトリウム濃度を
調節しようとする働きにより、
循環血流量が増加して血圧が上がります。

2 肥満
肥満は高血圧の大きな危険因子で
あることが明らかになっています。

特に、内臓脂肪型肥満(お腹周りの脂肪)は
血圧上昇と関連が深く、
減量すると血圧が下がるという報告があります。

また、心臓から送られる
血液の量は体重に比例して
増加するため、肥満は心臓にも
負担がかかります。

3 ストレス
ストレスは血圧を一時的に
上昇させます。

ストレスが繰り返されると、
交感神経の緊張状態が続いて
血管は収縮し、血圧は高い状態を
持続するようになります。

4 飲酒
過度の飲酒は血圧を上昇させます。
飲み過ぎには注意してくださいね。

 

5 喫煙
タバコを吸うとニコチンが交感神経を
刺激するため血圧が上がり
脈拍が増えます。

さらに動脈硬化も進行させるので、
狭心症や心筋梗塞のリスクも高まります。

血圧上昇の要因は、生活習慣の改善から、
血圧改善に努めましょう!

==============================
ついてる整骨院
HPはコチラ
⇒https://www.tsuiteru4949.com/

岡山市北区今村650-103

TEL:086-246-6626
==============================