岡山市ついてるケア公式サイトへ  岡山市交通事故治療ガイドへ
 

カテゴリ:ついてる整骨院, 健康情報

おはようございます。
ついてる整骨院スタッフの小路です。

 

 

梅雨入りしたとは言え
さすが晴れの国おかやまですね!
雨が降らない日は快晴が多いです。

 

 

ですので、朝晩の冷え込みが酷い日と
暑くて寝づらい日とが交互になり
寝具に悩んでいます。
未だに毛布をしまえずにいます…

 

 

今回ですが、「昼寝」についてお伝えします。

 

 

私は元々会社員をしていました。
いわゆる一般的なサラリーマンだったので
8:45~17:30+残業 の勤務体系でした。

 

 

ですので、お昼休憩を45分程とって
また定時まで仕事というスタイルでしたが、
お昼をとってからの数時間睡魔に襲われる事が
多かったです。

 

今だから話しますが、
どうしても眠気に勝てない時は
トイレの個室に籠って10~15分
仮眠をしていたこともありました(笑)

 

 

どうしてもご飯を食べた後というのは
概日リズム(サーカディアンリズム)
いわゆる体内時計が働き、眠くなります。
大体14時頃に眠くなるのは健康な証拠でもあります。

 

人として眠くなるのは正しいことでも
仕事中に寝ていいわけはありません。

 

 

では眠気と戦うにはどうすれば良いのか?
具体的な対策を3つ程紹介します。

 

① お昼の食べ過ぎを防ぐ
炭水化物を大量に摂取することが
眠気を誘う一因として関係してきます。

 

お米(炭水化物)を少し減らすことが大切です。

 

また、食べる順番も関係します。
野菜やお肉を食べた後、最後に炭水化物を
食べるようにしてください。

 

腹八分目という言葉があるように
食べ過ぎは健康的にもおススメしません。

 

 

② 可能なら昼寝をする
昼寝は30分以内が理想です。
1時間以上寝てしまうと逆に起きた時に
身体が重く感じてしまいます。

 

 

私も15~30分昼寝しています。
起きた時にスッキリします。

 

 

「寝よう」とすると中々寝付けないと思いますので
少し横になって、身体を休める気持ちで
寝転んでみて下さい。意外と寝付くことが出来ます。

 

 

③ 軽い運動をする
ハードな筋トレは疲れて余計に眠くなります。
トイレに行ったり、軽いスクワットなどで
身体に刺激を与えてあげることで
眠気を散らすことができます。

 

 

 

眠気との闘いは誰しもが経験あると思います。
自分なりの対処法を身に着けて効率良く
仕事をこなしていきましょう!

 

==============================
ついてる整骨院
HPはコチラ
⇒https://www.tsuiteru4949.com/

TEL:086-246-6626
==============================