./

寝違い

寝違えてしまった!そう感じたらお早めにお越し下さい

寝違いはなぜ起こる?

寝返り同一姿勢普段、私たちは寝返りをすることで、同一姿勢を続けて1ヶ所にかかる負担を軽減しています。

しかし、疲労が蓄積することなどで、寝返りをせずに寝てしまうことで、同一筋肉に極度の負担がかかってしまい、それが長時間続くことが寝違いが発生する1つの原因だと考えられています。

また、普段から肩こりに悩まされてる方はより寝違えを起こしやすいといえます。首から肩周辺の筋肉の柔軟性が失われ、筋肉や関節が繋がっている首に影響を及ぼしているのです。

そして、寝違えは寝起きだけに起こるものとは限りません。長時間の電話やパソコン作業など、長時間不自然な同じ姿勢が続くような状況でも起こりやすくなります。

寝違えは体が凝っていたりすると、そのうち背中まで痛くなってきたり、自然に治まるまで時間がかかり、再発しやすいので注意が必要です。

寝違いが改善しない理由(一般的な間違いや、一般的な治療で改善しない理由)

受傷直後は患部に炎症が強く起きている可能性があります。

時間が経てば楽になるだろうと放っておく方も多くいますが、炎症が起きていることに気付かずに無理して動いたりすると、炎症症状が強くなり、悪化することもあります。

 

また、自分自身では炎症の有無を判断できないことが多いため、まずは早めに受診することをお勧めいたします。

炎症症状があれば、アイシングや微弱電流などにより、炎症を抑制し、交感神経優位から副交感神経優位にスイッチできます。

併せてジョイントプレイテクニックで姿勢を改善行うことによって、疲れにくい体作りが可能になります。原因でも述べたように、疲労の蓄積などで寝返りが減ると寝違えやすくなります。

 

頻繁に寝違えを起こす方の根本的な原因は、疲れやすい体質を改善することが重要になってきます。

自己判断せずに、早めにご相談ください

寝違いの治療法

炎症を抑制し、交感神経優位から副交感神経優位にスイッチできます。
また、過度に緊張している筋肉を緩めることができます。

寝違いアイシング寝違いハイボルテージ

寝違いの施術が受けられる院はこちらです

ご相談は、0800-200-8115まで(フリーダイヤル、携帯からもOK)

ついてるケア facebook

TOPへ戻る
  • ./
  • ./
  • ./
./